和歌山県農林水産総合技術センター農業試験場による分析結果

分析結果(乾物当たり・但し水分は現物当たり)

分析項目 分析法 分析値
pH (H2O) ガラス電極法(1:2.5) 6.04
EC (mS/cm) ECメーター(1:5) 2.26
水分含有率 (%) 105℃乾燥
42.2
T-N (%) (窒素全量)
CNコーダー法
0.98
T-C (%) (炭素全量)
CNコーダー法
14.0
C/N比
  14.2
T-P2O5 (%) (リン酸全量)
サリチル硫酸・過酸化水素による湿式分解-比色法
0.91
交換性CaO (mg/100g)
酢酸アンモニウム抽出-炎光、原子吸光法
715.9
交換性MgO (mg/100g)
酢酸アンモニウム抽出-炎光、原子吸光法
61.3
交換性K2O (mg/100g)
酢酸アンモニウム抽出-炎光、原子吸光法
160.0
交換性Na2O (mg/100g)
酢酸アンモニウム抽出-炎光、原子吸光法
73.5
CEC (me/100g)
ショーレンベルガー法
35.7
塩基飽和度 (%)
  96.2
可給態リン酸 (mg/100g)
トルオーグ法
10.1
NO3-N (mg/100g)
1N-KCL抽出-蒸留法
79.7
NH4-N (mg/100g)
1N-KCL抽出-蒸留法
0.81

EC…土壌中の塩基類濃度の指標。
(電気伝導度) 土壌を純水と混ぜ合わせた懸濁液の電気のとおりやすさを表わす。
肥料などの塩基分が多くなると電気が伝わりやすくなります。
CEC…土壌がアンモニウム、カリウム、マグネシウム(等)の陽イオン(土壌塩基)を吸着保持する能力で、保肥力のバロメーターです。

和歌山ソイル(ナチュラルソイル)
CEC値は普通畑土では、10~20値ぐらいですから、保肥力に富んでいます。
EC値も高いので、肥料分(塩基)にも富んでいます。